読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミラクルニキ☆攻略ブログ

イベントクエストおすすめコーデを攻略☆ミ

ダンガンロンパV3の感想。ネタバレあり

ネタバレ注意。

やっと「ダンガンロンパV3」を終えました。
長かった…。

以下、クリア済みであることが前提の感想です。
ネタバレ部分もでてきますので、まだクリアしていない人は読まないことをオススメします。

感想

私はアニメから入り、去年リロードをプレイしたダンロンにわかです。
もともとキャラに入れ込むタイプでもなく、そこまでシリーズに思い入れはありません。

V3は林原めぐみさんが探偵キャラをやるというので楽しみにしていました。
結果的に、めぐさんの演技は流石でした。

5章までは、この年齢の少年声はムリがあるなと思っていたんですけどね。
6章のキャラクターの叫びとしての部分が、長年いろんなキャラと歩んできためぐさんならではの役だと思いました。
けれどその上で、最原くんはあまり好きになれなかった。

主人公キャラだから仕方ないけど、どうしてもキャラが弱いんですよね。
今回とくに最原にとってのヒロインが早逝したので、人間らしい最原くんがあまり見えなかったのが原因かなと思います。
(終わってみれば「苦悩する二次元キャラとしての最原くん」という印象しかない)

6章について

6章はただただ長かったですね。
純粋につまらなかった。

こちらのブログで「旧エヴァのようだ」と指摘されていますが、たしかに似ていますね。
けれど旧エヴァはまだ面白かったのに、6章はつまんなかった。
fujipon.hatenablog.com

終盤の展開が「プレイヤー批判」であるかどうかについては、正直どちらでも同じと思います。
あのモニターに映った人々がプレイヤーの比喩であろうがなかろうが、「コロシアイを楽しむのは悪趣味である」という批判精神がないとあんな展開は出てこないでしょう。
そういった場面を描写すること自体が、批判として機能しちゃうので。
批判の対象が架空の人々なのか、プレイヤーを名指ししているのかで、何も変わらないかなと。

で、やっぱり肝心なのが「その描写がつまらなかった」ということに尽きます。
6章に対して怒っているプレイヤーは、批判されたことに対してというより、純粋につまらなかったから怒っているのではないでしょうか。

映画「隠された記憶」とちょっと似ているなとも思いました。
こちらのサイト様が詳しい考察を書かれています。
umikarahajimaru.at.webry.info
この映画も、批判精神にあふれる作品ながら、エンタメ的な宣伝がなされていました。

映画なら2時間2000円程度だからいいんですけどね。
ゲームでこういった表現者みたいなことされるとキツイ。
お金はともかく、プレイ時間が長いので…。

ダンガンロンパは個々のトリックよりも「この世界は何なのか?」を推理するのが面白いですよね。
けどシリーズ化が相当困難な面白さでもあると思います。
よく何作も続けるなぁと感心しますけどね。
V3はムリヤリひねりだした感すごいので、2で終ってたほうが綺麗だったかもしれません。

3/3追記

いろんな人の考察を読んで、私なりに咀嚼してみました。
正解かどうかは分かりませんが、面白いと思った説を組み合わせて自分的正解にしたいと思います。

V3の世界は、1~2の未来の話である

アニメ3で「希望による再洗脳」をしなかったので、江ノ島の影響も一部の人々には残っているでしょう。
あれだけの騒ぎを引き起こしたのだから、すっかり無かったことにならないのも当然。
過去の大罪人に惹かれる人は、どの時代にも一定数いますし。

苗木たちの放映を見て「コロシアイ」エンターテイメントにハマった人がいてもおかしくない。
それにお金を出す人がいるなら、チームダンガンロンパみたいな闇組織(?)が出てくることもあり得そう。

このへんは昨今の、視聴率のためなら何でもやるみたいなメディア批判も含んでそうですね。

参加者は誘拐されてきた

オーディションの記憶のほうが「思い出しライト」による捏造ではないか?
一般人が拉致されてきて、キャラ設定を植え付けられたんでしょう。
ただ、総理大臣(キルミ)がやすやすと拉致されるのもオカシイので、キャラ設定が後付けというのは真実だと思う。

つむぎがコスプレをしてブツブツが出たのも、一般人としては「実在」したから。
でもそれだと、過去キャラのコスプレは出来るのが謎なんですよね。
「実在している人=今の時代に生きている人」という意味なのかもしません。

つむぎも参加者

つむぎもまた、犯人役をやらされた参加者だったのではないか?
江ノ島と違い、最後のオシオキで嫌そうな顔をしていたし。
チームダンガンロンパの社員から、毎回1名が参加していたのかもしれないですね。

学級裁判だけVR

V3の世界が2と同じようなVRだった説もありますね。
個人的には2はいきなり銅像が建ったりしていたのに、V3ではちゃんと工事していたので「リアルフィクション」というのは本当だと思います。
VRだと思わせて現実。

ただ学級裁判は6章のつむぎの早着替えや浮遊する衣装が現実っぽくないので、学級裁判だけVRだったのかも?
それなら、つむぎが過去キャラのコスプレをして大丈夫だったのも納得できそうです。

学園史料を持ち込んだのは誰?

希望が峰学園の資料を持ち込んだのは、設定を与えられる前のつむぎか天海かなと思います。
主催者側が「参加者が気づくかどうか?」というスリルのために置いた可能性もありますけどね。

キャラ設定を植え付けられる前に、世界のヒントを設置して自分で思い出すために、つむぎか天海が置いたのではないでしょうか。