ミラクルニキ☆攻略ブログ

イベントクエストおすすめコーデを攻略☆ミ

「パブリッシャー」って何?意味の分からない単語と言葉の使い方を調べてみた。

意識高い系勇者みゃこです。

最近パブリッシャーとかデベロッパーとか梨汁ブッシャーとかよく聞くんですけど、知ったかぶりで「うんうん」と頷きながらも実は1㍉も意味を分かっていません。

さすがにヤバいなと危機感をもったので、重い腰を上げて調べてみました。

ふなっしー 手帳 2016 (A6)

ふなっしー 手帳 2016 (A6)

「パブリッシャー」=スクエニ

パブリッシャーとは「販元」のことなんだそうです。
ドラクエでいうならスクウェアエニックスですね。

パブリッシャー 【 publisher 】
パブリッシャーとは、出版社、版元、発行者、発行人、発行元などの意味を持つ英単語。
書籍や雑誌、音楽、映像、ゲームソフト、コンピュータプログラムなどの著作物の発行主体であり、流通や販売を行なう事業者のことを意味する。
書籍や雑誌では出版社、音楽ではレコード会社などがこれにあたり、ビデオゲーム業界ではゲームソフトの発行会社をパブリッシャーと外来語表記することが多い。
その場合、製作・開発を請け負う事業者のことはデベロッパー(developer)あるいはスタジオ(studio)という。
自社で開発を行わず流通専業のパブリッシャーと、自社でも開発機能を持つパブリッシャーがある。

デベロッパー」=LEVEL5

デベロッパー 【 developer 】
デベロッパーとは、開発者、開発元という意味の英単語。
ITの分野では、ソフトウェアやハードウェアを開発する技術者や企業などのことを指すことが多い。
一般の外来語としては、(大規模な)不動産開発業者のことをデベロッパーということが多い。

「コンテンツホルダ」

著作権などの権利をもっている人や組織は「コンテンツホルダ」というそうです。
ドラクエでいうならこれもスクエニなんでしょうね。

コンテンツホルダ 【 contents holder 】
コンテンツホルダとは、コンテンツの所有者。
コンテンツに関して著作権など何らかの権利を保有している人物や組織などのこと。
文章や画像、映像、音楽、それらを組み合わせた作品などをコンテンツと呼ぶことがあるが、その所有権や著作権を持つ者をコンテンツホルダという。コンテンツの配信、上映、放送、出版など流通を担う事業者などと対比した表現。

サードパーティー

サードパーティーとは、販売元ではないけど関連商品を出している企業だそうです。
任天堂ソニーなどのハードを作ってる会社に対して、ドラクエを作ってるスクエニサードパーティーになるようです。

サードパーティとは、特定のハードウェア、OS、ソフトウェア、あるいはサービスなどを対象として、それに対応する(互換性のある)製品を販売・提供しているが、その対象となっている製品自体の開発元・販売元ではない企業のことである。つまり、他社製品の関連製品を販売している企業である。

番外編

ビルドゥングスロマン

ビルドゥングスロマンとは教養小説のこと。

教養小説(きょうようしょうせつ)とは、主人公が様々な体験を通して内面的に成長していく過程を描く小説のこと。
ドイツ語のBildungsroman(ビルドゥングスロマーン)の訳語で、自己形成小説とも訳される。

意識高い人がよくレビューとかで使ってるイメージ。ビルドゥングスロマン
語感がシャバドュビタッチみたいで声に出していいたくなる。

類義語として、発展小説(Entwicklungsroman)といった言葉が用いられることもあるそうです。
ハッテン小説!


また何か調べたら追記します。