ミラクルニキ☆攻略ブログ

イベントクエストおすすめコーデを攻略☆ミ

大人のバクマン。「描かないマンガ家」はワナビー系必読。この漫画が辛い!

漫画の専門学校に通いながら、上から目線でプロに批判ばかりしつつマンガは一切描かない。
そんなダメ男を描いた作品「描かないマンガ家」が完結していたので一気読みしました。

どんな漫画?

主人公の渡辺は大学を中退して漫画の専門学校に通う26歳。
専門学校の同じクラスでは「OLを辞めて漫画家を目指す女」「触手エロ漫画しか描けない女」など、個性的な漫画仲間が日々切磋琢磨している。

しかし渡辺は学校の課題すら提出せず、ただの1コマも漫画を描くことはない。
f:id:ao385:20151105215927p:plain
くる日もくる日も同じような連中とつるんでは「会議」と称してファミレスでグダグダしている。
まわりの漫画仲間がつぎつぎと作品を創っていくなかで、渡辺だけはいつまでたっても描かない。本当に描かない。

面白いのは4巻から。

序盤は漫画仲間を口先だけで励まして立ち直らせたり(もちろん自分は描かない)、いろいろな漫画家志望者が出てきててんやわんやする平凡な展開。

しかし4巻から登場する、ある有名漫画家と渡辺が意外な関係に発展して、そこから物語が一気に「プロ漫画業界編」へと突入していきます。

一気読みがおすすめ

この作者さん絵が非常にうまいのですが、主人公の顔がキモくて(キモい絵もうまい)慣れるまで辛かったです。
また最初のほうはキワモノっぽいキャラのオンパレードなので、どういう漫画なのかがイマイチ推し量れませんでした。

・・・が!
3巻までに出てきたキャラやエピソードが4巻から逆回転しはじめ、綺麗に回収されていく流れは圧巻で読み応えがあります。
作者の代弁ともいえる「創作論」と、それを語る主人公の「実の伴ってなさ」があんな風に効いてくるなんて!

バクマン。のあとに

この漫画、クリエイター志望の若い人にこそ読んでもらいたいと思いました。

バクマン。」のキャラは基本的にみんな「努力する才能」が備わっていたじゃないですか。(中井さんですら)
でも世の中、圧倒的に「努力することが難しい」人のほうが多いですよね。私調べ。

でもそうやってグダグダと言い訳ばかりしていたら10年後どうなっちゃうのか?ってことが、この漫画を読めば分かります。
そしてこのラストを読んで、最悪そうなる覚悟ができる人だけが、クリエイターという修羅の道に踏み出していいのではないかと思います。
(むしろ最終回の主人公の状況は、それでもすごく上出来ですよね。実際。)


ブログ飯をめざして一念発起したものの、うだうだしちゃってる人にもオススメです。
内臓えぐられるほどの喝を入れてもらいましょう。

全7巻なので休日の一気読みにもちょうどいいですよ!

描かないマンガ家 1 (ジェッツコミックス)

描かないマンガ家 1 (ジェッツコミックス)

描かないマンガ家 コミック 1-7巻セット (ジェッツコミックス)

描かないマンガ家 コミック 1-7巻セット (ジェッツコミックス)