ミラクルニキ☆攻略ブログ

イベントクエストおすすめコーデを攻略☆ミ

スマホアプリ「写真袋」の社長逮捕。1億5千万円の利益も問題放置で…類似「写真箱」も

400万人が利用していた画像共有アプリ「写真袋」。
その運営会社の社長が逮捕されました。
f:id:ao385:20160208225124j:plain

「写真袋」ってどんなアプリ?

「写真袋」スマホに入ってる写真や動画を簡単にアップロードし共有できるアプリ。
無料・有料で画像を公開できる機能で人気となりました。
f:id:ao385:20151106110447p:plain

「合言葉」でダウンロード

アップロードの際に「合言葉」を設定して、その合言葉を入力すれば画像をダウンロードできる仕組みがウリ。
面倒な会員登録なしに利用できるため若者を中心に爆発的にヒットしました。
f:id:ao385:20151106104758p:plain

なぜ逮捕されたの?

この「合言葉」に問題がありました。
写真袋にアップされた画像は、「合言葉」さえ知っていれば誰でもダウンロードができてしまうんです。
そのため、わいせつな画像をアップロードしてネット掲示板に「合言葉」を書き込む事例が多発。

画像を有料公開もできるため、おこづかい欲しさの未成年による児童ポルノ画像投稿も相次ぎました。
運営会社は問題を知りながら放置していたとして、公然陳列ほう助の疑いで逮捕されました。

「写真袋」で画像検索すると、うわぁ…という感じです。
有名人にも広く利用されていたようです。
pirori2ch.com

初の逮捕

共有アプリの運営会社が同法違反で摘発されるのは初めてとのこと。
2013年11月の公開から約1年8カ月で利益はおよそ1億5千万円。
当然このアプリは、すでにアプリストアからは削除されています。
f:id:ao385:20160208225124j:plain
しかしこのアプリアイコンなんか腹立ちますよね。

売れるiPhoneアプリの法則

売れるiPhoneアプリの法則