読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミラクルニキ☆攻略ブログ

イベントクエストおすすめコーデを攻略☆ミ

気分が沈んだら「谷山浩子」の曲を聴いてさらに落ち込む!ゆりかごのうた他

ダーク浩子さん3選

一時期、気分が沈んだときは谷山浩子さんの曲を聞いていました。
とくに暗~い曲だと「まだここまでじゃない」と後ろ向きの元気が沸いてくる。

というわけで今日は、私がすきな浩子さんの暗黒面を3曲ご紹介します。

「ひとりでお帰り」

曲調はさびしげですが、なにげに応援ソング。
なぜか鬱曲として記憶されています。落ち込んでいた時期に聴いていたんでしょうね。
当時の感情と切り離せないのが音楽のすごいところであり、つらいところ。

どんなに淋しくても きみはひとりでお帰り

ひとりでお帰り - 谷山浩子 - YouTube

「催眠レインコート」

不眠ソング。
私は不安があるとすぐ眠れなくなるので、あるある!となる1曲。
この曲を聴いてよけいに寝れなくなり明け方とか、あるある。

眠れる場所を探しまわり 家じゅうをうろついた バスルーム キッチン 本棚の陰 玄関 タンスの中

谷山浩子 催眠レインコート - YouTube

「ゆりかごのうた」

昨今のニュースを見ているとどうしても思い出してしまう曲。
2001年の事件のあとに作られ、浩子さんがずっと避けていた「死」などの直接的な言葉が歌詞に使われています。
浩子さんの不安定な声質もあいまって、コンディション悪いときに聴くと寝込むレベル。

人は人を殺せる そう作られた

おまけ。恋のうた3選

谷山浩子さんといえば、行き過ぎた恋愛の曲も多いですよね。
私が好きな恋人ソングもおすすめしてみます。

「月見て跳ねる」

恋人を見ると、こころがぴょんぴょんする気持ちを、月にむかって跳ねるウサギにたとえた歌。
序盤のかわいい感じとうって変わって、Cメロが狂気。ルナティック。

月が投げかける木立ちの影を あなたの歩く影と見あやまり

「月と恋人」

この曲は普通に好きです。かけあいっぽいところが綺麗。
出だしの歌詞もぶっとんでていい。谷山ワールドはだいたいぶっとんでますけどね。

君の小指の先から 邪悪な冷気が出てる

月と恋人 - 谷山浩子 - YouTube

「恋人の種」

こちらはタイトルに「恋人」とついているものの、歌詞が壮大すぎてなにか違うテーマのような気がします。
出会いの奇跡みたいなことを歌っているのでしょうか。

二億年 生きていた 恋人の種 二億年 まどろみの 夢の中


雨の日に窓をしめきってジメジメした部屋で電気をぜんぶ消し三角座りで聞くスタイル推奨です。
よい休日を!