読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はRPGだ。

漫画とゲームとアニメなどの雑記ブログ

ドラマ「破裂」5話。ついにピンピンポックリ心臓破裂による突然死の第一号が

本と映画の感想・レビュー

NHK土曜ドラマ「破裂」5話ネタバレです。

登場人物

香村(椎名桔平):
心臓を若返らせる「香村療法」を発明したエリート心臓外科医。

佐久間(滝藤賢一):
国民生活省の官僚。高齢者を大量死させる「プロジェクト天寿」を画策。

倉木蓮太郎(仲代達矢):
国民的俳優。香村の実父であり「香村療法」の被験者1号。

松野(坂井真紀):
香村の元恋人。医療系専門の女弁護士。

クリヤ:
香村の元・直属の部下。裏切った。

タマキ:
松野の友人。佐久間を追うジャーナリスト。

小池:
佐久間の「汚れ仕事」を引き受ける、謎の男。

あらすじ

直属の部下・クリヤに裏切られた香村。

クリヤは香村のことを反吐が出るほど嫌っていた、怪文書も自分が書いたと明かす。
医師として佐久間に共感し、ずっと偽データを報告していたという。
副作用の改善研究は何も進んでいなかった。


しかしまだ心臓破裂を回避する策はある。
香村は倉木に再手術を提案し、最期まであきらめない決意を固める。

倉木の執刀医を探して、ほうぼうに頭を下げる香村。
あまりに無謀なオペのため断られ続けたが、ついに海外の教授から有望なドクターを紹介される。


そのころ松野は、香村の医療ミス現場に立ち会った看護婦から証言を得ていた。

真相に近づく

佐久間はプロパガンダで世論を盛り上げ、「安楽死法案」の成立を目論んでいた。
疑惑をかぎつけたジャーナリストのタマキは、佐久間と議員の密会現場をカメラに収めることに成功する。


その夜、松野が香村のマンションにおしかける。
タマキが謎の男・小池に脅され、さらに車で轢かれそうになったと。
自分はグルではないと弁明する香村。

倉木邸にて

香村は病状観察のため倉木の自宅を訪れる。
招かれていた息子とともに、親子3代で団らんのひとときを過ごす。

そこに海外の教授から「ドクターのオペは1年待ちだ」との連絡が入る。
手術が難しいと悟った倉木は、もう思い残すことはない、感謝していると笑う。
香村は倉木にすべてを打ち明けることにした。
俺たちは利用されていた、倉木蓮太郎の復活もすべて仕組まれていたと。

対決

倉木は自宅を抜け出し、国民生活省に怒鳴りこむ。
佐久間は嘲笑いながら「人を殺したことはあるか?」と倉木に尋ねる。

佐久間はかつて、難病で身体マヒになった父親安楽死させたという。
大好きだった父をこの手で殺した。父は最後に感謝の涙を流した、その涙を信じている。
死にたいという人に「安らかな死」を保証する国家。それが自分の望みだと。

安楽死が正しかったと証明したいだけ、感謝の涙と思いたいだけだろう」
倉木の指摘に、動揺を隠せない佐久間。
「本当のことなんて誰が決められるんだ」と詰め寄る倉木に、佐久間は
「父は感謝していた」「誰も決められないなら俺が決めてやる」と吐き捨てる。

生活省まで迎えに来た香村にむかって、倉木は叫ぶ。
「再手術するぞ、俺を助けろ!」「やられっぱなしで終わるな!」


香村はかつてライバルだった医師に土下座して頼み込む。
医師は説明を聞き入れ、何とかなるかもしれないとオペを引き受けることに。

巨星墜つ

手術を明日に控え、香村に「また飯でも食おう」と約束した直後。
突然苦しみだして倒れる倉木。香村はその体を抱き止め、胸に手を当てる。
「親父・・・!」
父の心臓は、もう動いていなかった。

感想

佐久間がわりとすぐ動揺しちゃったのが残念。
蓮さんの最期の一撃だから、しょーがないけど。

破裂〈上〉 (幻冬舎文庫)

破裂〈上〉 (幻冬舎文庫)

破裂 下 (幻冬舎文庫 く 7-3)

破裂 下 (幻冬舎文庫 く 7-3)

嫌老社会を超えて

嫌老社会を超えて

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 (朝日新書)

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 (朝日新書)