読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はRPGだ。

漫画とゲームとアニメなどの雑記ブログ

みうらじゅん「ない仕事」の作り方。

本と映画の感想・レビュー

話題本を読んだ感想

みうらじゅんさんといえば「マイブーム」「いやげ物」といった、独特の流行を作り出す天才クリエイターですよね。
漫画やイラストを描いたりテレビに出たりと、現在も幅広く活躍中。
私もひそかにリスペクトしている一人です。

そんなみうら氏の、デビュー35周年を記念して出版された本「ない仕事の作り方」を読んでみました。
以下、紹介と感想です。

自己洗脳

みうら氏は、世の中にまだ存在しないジャンルを発明する天才。
もともと「ない仕事」を創出するためには、自分を洗脳して無駄な努力をする必要があると説いています。

たとえば今では誰もが知っている「ゆるキャラ」というジャンル。
これは日本各地の地方マスコットキャラに、みうら氏が独特の哀愁を感じて命名したのがはじまり。
しかし命名しただけでは、ブームは起こせません。

みうら氏が自分を洗脳するためにまずやること。
それは徹底的な収集です。
はじめはそこまで好きでもない地方キャラの、情報や写真やグッズをとにかく集める。
己に冷静に考えるヒマを与えません。
するとだんだん「大量のグッズが邪魔だな」という気持ちが消えていく。
人は圧倒的な量を前にすると、好きになってしまうんだそうです。

「ただ好きだから」程度では弱い、突き詰めなければ意味がない。
自分はこれを絶対に好きになるんだ!と徹底的に自己洗脳していくんですね。
そのうち周りが勘違いして「すごい!」と錯覚される、というわけです。

一人電通

自己洗脳が完了すると、出版社やメディアに自ら売り込みをかける。
このように構想から仕掛けまでをすべて自力でやることを、氏は「一人電通」と呼んでいます。
博報堂の人と話すときは「一人博報堂」に言い方を変えるそうです。笑)

曰く、ブームにしなければ誰からも見向きをされないから。
みうら氏はご自身のことを「無駄な努力家」といいます。
けれど構想だけで終わらず、徹底的に具現化しきるところが物理的な強さだと思いました。

自分なくし

どんな仕事でも「やりたいことと」と「やるべきこと」の葛藤はつきもの。
そんなときは自分ありきでなく、自分をなくすほど我を忘れて夢中になることが肝心とみうら氏はいいます。

我を忘れるほど熱中していると、やっているという意識すらなくなってくるとか。
みうら氏が子供のころから続けているスクラップノートの作成は、今ではほぼ無意識でやっているそうです。

自分探しにばかり焦点があたる昨今、自分をなくすほど夢中になるという発想が斬新。
楽しく読める一冊でした。

「ない仕事」の作り方

「ない仕事」の作り方