読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はRPGだ。

漫画とゲームとアニメなどの雑記ブログ

田舎の農地を買うには、自分も農家でないといけない?地方移住して農業するには

その他

土地を買う方法と法律知識

せっかく移住したのに田舎っぽいこと全然してない私です。こんにちは。
私は体力も気力もないのであまり興味ないんですけど「田舎に住んだら農業やりたい!」という人けっこう多いですよね。

twitterでつながっている熊本の司法書士行政書士さんが面白いツイートをされていたのでご紹介します。

リンク先のブログには、面白い法律知識がいっぱいです。

農地を売りたい!買いたい!

後継者がいないなどの理由で、農地を処分したいという高齢の農業者さんはたくさんいます。
かたや田舎に移住して、畑を耕して暮らしたいという人も大勢いますね。

しかしお金を出せば誰でも農地が買える、というわけではありません。
農地を農地として売買するには、買い受ける側も農業者でないといけないそうです。
農業者でない人が農地を持ってしまうと、その土地が荒れ放題になってしまうといった理由からのようです。

しかもむかしは農業といえば家族総出でやるものだったため「世帯で農業をしているかどうか」という判断になるそうです。(「農家」という呼び方が象徴的ですね)
このあたりは今は核家族化が進んでいたり、むかしのように大家族という概念が変わってきているので法の整備を先にしてもらわないとですよね。

売りたい人も買いたい人もいるのに、法がジャマしてるとかヘンな話です。
実際には農業者年金などの問題も絡むので、そう単純な話でもないようですが。

下記のブログ主さんが詳しく説明されているので、興味のある方はチェックしてみてください。
www.mm-nankanoffice2.com

こちらの記事も参考になるかも?
www.mm-nankanoffice2.com


ちなみになんでtwitterでこの方とつながったかというと、ある司法書士さんが最近フリーゲームを作って話題になっていて、その方経由だったみたいです。
士業×フリーゲームという、わけのわからない波がきてますよ!

田舎暮らしに殺されない法 (朝日文庫)

田舎暮らしに殺されない法 (朝日文庫)