読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はRPGだ。

漫画とゲームとアニメなどの雑記ブログ

映画「オデッセイ」見てきました。感想

本と映画の感想・レビュー

原題The Martian(火星の人)

すっっごい久しぶりに映画を見てきました。
マット・デイモン主演の「オデッセイ」。

監督は「グラディエーター」「ハンニバル」などのリドリー・スコット
f:id:ao385:20160210213415j:plain
原作は「火星の人(The Martian)」というアメリカの小説です。
火星にひとり置き去りにされた宇宙飛行士であり植物学者のマークが、知恵とスキルを駆使して生き延びるため奮闘する・・・というお話。

ちょうどいい映画

それなりに見ごたえがあって後腐れのないものを見たい気分のときにちょうどいい映画。
ハラハラドキドキはあるけど必要以上に嫌な描写はなく、最後までテンポ良く鑑賞できました。

あまりにもありえない展開もなく、納得のいかない部分はほとんどなかったです。
デート映画にもオススメ。

ネタバレ感想

f:id:ao385:20160215170808p:plain
「ここで死んでたまるか」というストレートなメッセージが心に響きました。

序盤の水を作ったりジャガイモ栽培するくだりは興味深くて面白い。
しかし途中から植物学者設定がほとんど生かされなかったのが残念でした。

主人公のマークは宇宙飛行士をやっているくらいだからメンタル強いのは当然だけど、見る人によっては超人すぎるように感じるかも?
サブキャラも中途半端にキャラを立てようとして、ややとっ散らかった印象でした。
最後のクルー同士のロマンスとか要るか?と疑問も。
そこ立てるならもうちょっと二人の描写してあげーや。

NASAの協力がなかったら作れなかったような映画なのに「人ひとりの命より宇宙開発のほうが大事」と言い切ったのはびっくり。
NASAがスポンサーとかではないのかしら。
中国ヨイショがすごかったので、そちらから製作費が出てるのかな?

火星

タイトルは原題の「火星の人(The Martian)」のほうがしっくりきますね。
ずーっと続く砂塵の景色に、大宇宙で孤立する恐怖を感じました。
夜とかほんとに真っ暗ですもんね。

SFサイバー格闘鬱マンガ「銃夢」を思い出しました。ハリウッド化まだか。
このチームで映画化したら最高なのに。ブレードランナーの監督みたいだし。

(あとドラゴンボールの背景にも見えた。笑)

余談

主人公のマークが生命線を確保したあと、最初にやったのが「食料の数を数える」こと。
f:id:ao385:20160210214056j:plain
りーさんは正しかったんや・・・!

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)