読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はRPGだ。

漫画とゲームとアニメなどの雑記ブログ

ふ・・・ふんどしの日!?バレンタインデーの由来とチョコレートの起源

漫画アニメ

勇者みゃこです。

最近では友チョコとか自分チョコとか色々ありますけど、そもそもチョコレートを贈る風習(?)の起源ってなんなんでしょう?
バレンタインデーの由来を調べてみました。

バレンタインの由来

バレンタインの由来は「聖バレンティヌス」という人の名前。
聖バレンティヌスは3世紀ごろにローマに実在したキリスト教司祭です。

当時のローマ皇帝は、兵士が戦争に行きたがらなくなるという理由から若者の結婚を禁止していました。
この頃のローマではキリスト教は迫害されていましたが、それでも聖バレンティヌスは若者たちの結婚式をこっそりとり行っていました。

このことが皇帝に知られ聖バレンティヌスは投獄され処刑されてしまいます。
彼の命日となったのが、2月14日でした。

婚活が起源?

ローマ時代にはそれまでも何百年と続いたお祭りがありました。
「男性がクジ引きで女性の名前を引き、1年間その相手と交際する」という、いまでいう婚活のようなイベント。
その前日である2月14日にクジが用意されていました。

5世紀頃になるとこのお祭りも「風紀を乱す」として、当時の教皇により禁止されました。
代わりに「クジ引きで聖人の名前を引き、1年間その聖人に倣う」というお祭りがはじめられました。
この新しいお祭りの守護者として、聖バレンティヌスの名が讃えられるようになったのです。

次第に新しいお祭りの日に恋人たちが贈り物やカードを交換するようになり、このことが「聖バレンティヌスの日=聖バレンタインデー」の起源となりました。

チョコレートを贈るきっかけ

「女性が男性にチョコレートを贈る」というのは日本人だけだそうです。

はじまりは1958年(昭和33年)。
東京の伊勢丹デパートでチョコレート業者がバレンタインセールを始めたのがきっかけ。

のちに日本チョコレート・ココア協会が2月14日を「チョコレートの日」と制定。
1970年代後半から定着しはじめ、今では国民的行事となっていますね。

「ふんどしの日」

そんなロマンスがありあまる2月14日ですが、2011年からは別の記念日としても制定されています。

それは「ふんどしの日」。
二(ふん)十(ど)四(し)・・・ふ、ふんどし!
f:id:ao385:20160212121354p:plain
はい、日本人のだいすきな語呂合わせですね。

古きよき日本の下着・ふんどしを普及すべく「日本ふんどし協会」というところが大真面目に宣伝しています。

私の好きなふんどしキャラ3選

せっかくなので、私の好きなふんどしキャラをご紹介しましょう。

ギップル

魔法陣グルグル」の妖精ギップル
ふんどしといえばこのキャラ。
キタキタおやじと人気を二分する愛されキャラですね。
f:id:ao385:20160212122301p:plain
ギップリャ!

葉隠覚悟

覚悟のススメ」の強化外骨格戦士・葉隠覚悟。
お国のために戦う日本男児だけあって、下着は当然ふんどし・・・
f:id:ao385:20160212122140j:plain
と思ったら、はいてない疑惑。
安心してください!

マーニャ

ドラクエ4」の導かれし踊り子マーニャ
防御という概念を捨てたメイン火力。
f:id:ao385:20160212122437p:plain
最終的には馬車メンでしたけどね。


・・・というわけで、今年のバレンタインは「ふんどし」をプレゼントしてみてはいかがでしょう?(強引)

今週のお題「バレンタインデー」まであと2日!

覚悟のススメ 1 (チャンピオンREDコミックス)

覚悟のススメ 1 (チャンピオンREDコミックス)