読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はRPGだ。

漫画とゲームとアニメなどの雑記ブログ

auの三太郎CMの「鬼ちゃん」が仮面ライダーWのフィリップだった!

漫画アニメ

俳優・菅田将暉(すだ まさき)さん

auの大人気CM「三太郎シリーズ」。
桃太郎たち三太郎をはじめ、かぐちゃん乙ちゃんといった個性的なキャラクターが話題になっていますね。

新シリーズでは新たに、鬼ヶ島のオニである「鬼ちゃん」が登場しました。
auひかりのCMでは太鼓叩いたりしてます。
(鬼ちゃんのバイトだそうです)

鬼ちゃんを演じているのは菅田将暉(すだまさき)さん。
仮面ライダーW」に登場する主人公の片割れ・フィリップ役の俳優さんだったんです。
私は「W」を数回しか見ていないこともあり、夫に言われるまで全然気が付きませんでした。

同一人物だと知ってから見ても、同じ役者さんとは思えないのが凄い。
菅田さんの演技力によるものなんでしょうね。


仮面ライダーW」のフィリップは、主人公の左(ひだり)くんの相棒という役どころ。
実体のない図書館から来た、ウィキペディアみたいな少年です。

仮面ライダーに変身するときフィリップは意識を失い、左くんと一心同体になります。
二人で一人の仮面ライダーだから「W(ダブル)」なんですね。

(お誕生日だったそうです。おめでとうございます!)


フィリップ役のときは正直「なんか微妙な顔だな・・・」と思ってました。
(ファンの人すみません)
鬼ちゃんは普通にかわいいので、フィリップの髪型が似合ってなかったのかも?
(フィリップファンの人、重ねてすみません)
仮面ライダーW 変身ベルト DXダブルドライバー

仮面ライダーW 変身ベルト DXダブルドライバー

達人達(たつじんたち)に出演

(6/23追記)
Eテレで放送の「達×達(たつじんたち)」に、菅田さんが板尾創路さんとともに出演されていました。

菅田さんは仮面ライダーWがデビュー作。
監督から「フィリップ次第で仮面ライダーの歴史が終わるかもしれない」と、プレッシャーをかけられていたそうです。
それだけ期待が大きかったということなんでしょうね。

板尾さんは映画監督として、漫画「キッドアイラック」を映画化する構想があるそうな。
その主演を菅田さんにしたい、と番組内で語っていました。

「キッドアイラック」は、ヤンキーがヒロインを笑わせるために大喜利をするという漫画。
主人公の金髪ヤンキー役が「鬼ちゃん」イメージの菅田さんにピッタリはまりそうです。

キッド アイ ラック! (1) (ヤングガンガンコミックススーパー)

キッド アイ ラック! (1) (ヤングガンガンコミックススーパー)

漫画の題材になったのは「着信御礼」という大喜利番組。
板尾さんが審判として出演されています。

その板尾さんみずからが手がける映画に、菅田さんがご指名で出演されるとなると、かなり期待できますね。
原作漫画が面白かったので、映画化の情報もチェックしていきたいと思います!


blog.rpgame.xyz