読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミラクルニキ☆攻略ブログ

イベントクエストおすすめコーデを攻略☆ミ

「人狼ゲームとアムウェイ」の親和性が高すぎる。

実録!狼よりもAmwayを見抜け

人狼ゲーム」ってご存知ですか?
ちょっと前にテレビでもやっていた、対面パーティーゲームです。
最近また盛り上がってますね。

簡単に説明すると、8人くらいで集まって2チームに分かれて会話で戦います。
人狼チーム」は自分が狼とその仲間であることを隠して、人間のように振る舞います。
「村人チーム」は会話の上で狼と思われるプレイヤーを推理します。
一定時間ごとに多数決でプレイヤーをひとり「処刑(追放)」して、狼をすべて処刑できれば村人チームの勝ち。
村人を処刑してしまい狼が多く残ってしまったら、村人チームの負け。

詳しくはググってください。
最近は4人くらいからサクっと遊べるものや、オンラインで遊べるものもあります。

マルチの温床?

人狼ゲームは「8人くらいで集まって遊ぶ対面パーティーゲーム」です。
はい、もう勘のいい人は察しがつきましたね?
いまや人狼ゲームはマルチビジネスの温床でもあるんです。

SNS人狼ゲームのコミュニティもよく見かけますね。
わたし視点、その3割(体感)がマルチがらみ。
mixiに限ると6割(体感)くらいです。
まあSNS自体がマルチの温床ですし、マルチャーは人の集まるところならどこでも出没しますけどね。

人数が必要

「そもそもSNSなんかで人と遊ばなきゃいいじゃん」と思われるかもしれません。
でもリアルで友達8人集めるのって、結構難しいんですよ。
私に至ってはそもそも友達8人もいませんからね。
個人的には11人くらい居るほうが面白い。
人数が多ければ多いほど、特殊な役職カードを投入できるので好きです。

そういう理由もあってSNS上では人狼オフ会が盛んに募集され、開催されています。

組織運営力

私もそんな「マルチがらみ人狼」に潜入というか、行ったらアムウェイだったことあります。

面白いことに(?)そこでは「アムウェイは嫌いだけどオフ会には毎回来る」という人も結構いました。
だったらマルチじゃない人たちだけで集まって人狼やればいいじゃん、と思いますよね?

しかし普通の人にはオフ会を仕切ることって、なかなか難しいんです。
みんなが知り合いの飲み会幹事ならまだしも、誰が来るかも分からないオフ会ですから。
ゲームマスター(司会)をやるのも、慣れないと難しいですしね。

マルチの人は、マルチビジネスで鍛えた「サークル運営能力」があります。
彼らに任せたほうが、人も集まるしラクなんですよね。
で、マルチは嫌いだけど人狼やりたいし…という人がズルズルと残ってしまうわけです。
その人たちがまた普通にいい人だったりするので、「人が人を呼ぶ」循環が生まれてしまうんですね。

アムウェイ人狼

けっこう前から「人狼ゲーム」はマルチの集客方法として目を付けられていたようです。
あまり楽しくもなさそうなのに「ゲームマスターのやり方を教えてください!」と意気込む人もいて、ああマルチなのかなと思いました。

SNS上でマルチの人がしれっと「マルチ勧誘は禁止!」と言いながら、オフ会の募集をしているのも見かけます。
お前がマルチやんけ!


というわけで、人狼ゲームは信頼できるお友達と楽しむのがオススメ。

面白系のブロガーさんなどは、いっそ潜入してみるのも一興です。
こいつ偽占い師だけど、真アムウェイやな」とか、イヤな読み合いが交錯することうけあいですよ。

人狼 ~嘘つきは誰だ?~カードバトル

人狼 ~嘘つきは誰だ?~カードバトル

はじめての人狼

はじめての人狼