ミラクルニキ☆攻略ブログ

イベントクエストおすすめコーデを攻略☆ミ

発送方法いろいろ「追跡ゆうメール」「レターパック」「クリックポスト」どれが便利でお得?

追跡アリの送り方

オークションなどで品物が売れたとき、発送方法をどうするか迷いますよね。
一番送料が安いのは「定形外郵便」だけど、トラブルを防ぐために追跡はつけたい。

そこで追跡可能な発送方法についてまとめてみました。
(2016年7月現在の情報です)

定形外郵便+特定記録

郵便局では「特定記録」をつけることで、定形外郵便でも追跡することができます。
配達は相手方の郵便受けまでですが、追跡番号がつくので無事に投函されたかどうかが分かります。
特定記録郵便料金プラス160円でつけることができます。
www.post.japanpost.jp

ゆうメール+特定記録

本やDVDなどをお得に送れる「ゆうメール」にも、特定記録をつけることができます。
ただし信書(手紙など)は同封できません。
重さ3kgまで料金は重さによって変わります。
www.post.japanpost.jp

ポストから発送するときは、封筒に「ゆうメール」と書き端を少し切って中身が見えるようにします。
(中身を傷つけないよう、先に封筒を切ります)
雨などが心配なときはPP袋で包装してから封筒に入れるか、透明な窓がついている封筒を使いましょう。
f:id:ao385:20160308143358p:plain

レターパック

A4サイズ、重さ4kgまでならレターパック510円で送れます。
さらに厚さが3cmまでならレターパックライト360円も利用可。
こちらは信書の同封もできます。

重さのある本などを送るとき便利ですね。
ただし分厚い本や、プチプチ包装などで厚みが出来てしまった場合は入らないことがあります。

スマートレター

A5サイズ、重さ1kgまでなら、スマートレター180円でも送れます。
厚さは2cmまで
スマートレターはコンビニでも購入することができます。
www.post.japanpost.jp

ポスパケット廃止

ポスパケットは10月までに廃止されます】
A4サイズ、重さ1kgまで、厚さ3.5cmまでならポスパケットも360円で送れます。
郵便局で専用のシールをもらって貼れば、ポスト投函で発送できます。
レターパックライトと厚さが5mm違うので、軽いモノで厚さがちょっと超えるときはポスパケットが良さそうです。

10月からはゆうパケット

これまで大口でしか利用できなかった「ゆうパケット」が、ポスパケット廃止に伴い個人利用できるようになります。
個人での利用開始は10月1日から。
料金は厚さによって異なると予想されます。

現状では厚さ3cmまで、重さ1kgまで、大きさは60cmまで(3辺合計)。
料金は1cmまで250円、2cmまで300円、3cmまで350円となっています。

YahooIDが便利

YahooIDがあると「はこBOON」「クリックポスト」といったサービスを手軽に利用できます。
Tポイントも使えるので、よくネット販売をされる方は登録しておくと便利です。

はこBOON

東京→東京なら400円で荷物が送れます。
発送はファミリーマートから行うことができます。

クリックポスト

重さ1kgまで、厚さ3cmまでなら164円で送れて追跡も可能
自宅でラベルをプリントしてポストに投函するだけなので、郵便局などに行く手間も省けます。
厚みのない本などを送るときはクリックポストが一番おトクですね。

クロネコメール便は廃止

クロネコメール便が昨年の3月でサービス終了していました。
後継となる「クロネコDM便」は、法人等でないと利用できません。

同様のサービスを利用したいなら「クリックポスト」がいちばん近いと思います。

月に30万円稼ぐための メルカリ転売入門

月に30万円稼ぐための メルカリ転売入門