読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はRPGだ。

漫画とゲームとアニメなどの雑記ブログ

この「不思議のダンジョン」がひどい!トルネコの大冒険3ネタバレあり。

ゲーム

不思議のダンジョンやってました

先月はてなブログで「不思議のダンジョン」の話題を読んで以来、無性にやりたくなりまして。
2月中は実はけっこうな勢いでプレイしていました。

スーファミトルネコシレンくらいがリアルタイムの世代なんですけどね。
手元にもうスーファミがないので、夫が昔やっていたプレステのゲームを引っ張り出してきました。

チョコボの不思議なダンジョン2

シレン以来の不思議シリーズプレイとなったのがこちら。

チョコボの不思議なダンジョン2

チョコボの不思議なダンジョン2

チョコボの不思議なダンジョン2」。
もう15年も前のゲームながら、今でもじゅうぶん楽しめました。

死んでもレベルが下がらない

遊んでみて衝撃だったのが、死んでもレベルが下がらないこと。
ただしアイテムは全部なくなります。

あのワンミスですべてを失う緊張感がなくて、根っこから違うゲームのようでした。
それはそれでJRPGぽくて楽しめましたけどね。
チョコボもかわいいですし。

クリア後には昔ながらの「死んだら全てなくなる」ダンジョンも用意されているそうです。
残念ながらディスクが古すぎてクリア後のデータが読み込めず、表のラスボスを倒して終了となりました。
むしろクリア後のコンテンツが本番らしいので無念。

トルネコの大冒険3

仕方なくこんどは「トルネコの大冒険3」を始めました。
チョコボ」と同じく死んでもレベルが下がらず、アイテムが一部なくなるというルールです。

しかしこのゲーム、もう何があったのかと思うくらい残念なゲームでした。

まず操作性が悪くナナメ移動がしにくい。
画面のガイドもごちゃごちゃして見づらいです。

それからトルネコのお店。
SFCトルネコの大冒険」では一家の大黒柱であるトルネコが死ぬ気で持ち帰ったアイテムをネネさんが売りさばいていましたよね。
だんだん家や家族の暮らしがよくなっていくのも楽しみのひとつでした。

しかし本作ではその要素が刺身のツマ程度にしかありません。

最初のトルネコパート

ゲーム前半はトルネコさんが海で遭難して流れついた島を冒険します。
舞台がエンドールじゃないので自分のお店はありません。

とはいえトルネコシリーズだから、そのうち自分の店を持つんだろうと気長に構えていました。
途中で手に入れたアイテムもいつか店頭に並べることを想定して倉庫に預けてみたり。

ゲーム中盤くらいになってやっと王様から港町に店を出す許可がもらえます。
やったーこれでお店ひらけるー!と喜びました。

しかしその矢先、物語は息子のポポロパートに移行します。

ポポロパート

トルネコの息子ポポロは「モンスターを仲間にする」という特殊能力の持ち主。
勇者ではないので戦闘力が低く、剣や盾・飛び道具を装備できません。
仲間モンスターが「生きた盾」となります。

仲間モンスターは10匹まで連れ歩けて、序盤は楽しくサクサクと進みました。

ふたたびトルネコパート

ポポロパートが終わり、ふたたびトルネコパートへ。
よっしゃ店やるぞー!と意気込んだのもつかの間。

今回の店員は妻ネネさんではなく、求人に応募してきた2キャラから選択しろと言われます。
どっちを選んでも面白さはそんなに変わりません。

お店は「借家」のため、たくさんアイテムを売っても内装が変わるだけ。
家がどんどん大きくする楽しみがなく、ストーリーの進行とも関係ないためやりがいがありません。

内装コンプしたい人でなければ、お店で物を売る必要がないと思います。
(とくに私が選んだ店員キャラだと普通に店売りするのと同じ金額にしかならないし)

ストーリーを進めるとトルネコは、5の主人公夫婦よろしく石にされてしまいました。
ここで息子にバトンタッチです。

ふたたびポポロパート

ここからラストにむけて、ポポロくんが父親を助けにいく旅となります。
冒険後半になりいよいよ敵も強くなってきました。

ラストダンジョンではこちらがある程度強くなっている想定で、最初から強敵がわんさか登場。

仲間モンスターのAIがまたおバカで面倒がみきれません。
ずっとマホトーンし続けるメイジキメラや、直線上にいると飛び道具でポポロを殺しにかかってくる奴などに苦悩します。

仲間モンスターは目が見えないバッドステータスになると、とりあえず隣のキャラを殴ります。
開幕めつぶしで仲魔にボコられてポポロ死亡とかどうしようもありません。

ポポロは巻物が読めないため、地面に貼って使います。
貼る→読むという行動のため2ターンが必要。
あと一撃で死ぬというときにリレミトの巻物を貼っても間に合わないんです。

ギブアップ。

正直ムリゲーでした。
地道にレベル上げをすればいつかはクリアできるんでしょうけどね。

「死に戻り」すると仲間モンスターの経験値はリセットされるので、モンスターのレベルが上げにくくて詰みました。

わりとクソゲーとして有名なタイトルだったみたい。
それゆえ熱心なファンもいるそうです。

「とにかく時間がつぶれるゲーム」をお探しのかたにはオススメの一本。